ポーランド野球リーグのプレーオフ始まる!

ポーランドではプレーオフが始まりました。

プレーオフには上位4チームが出場でき、セミファイナルでは1位と4位のチーム、2位と3位のチームの対戦となります。

これに勝ち抜いたチームがプレーオフ決勝に進み、ポーランド1をかけた戦いに挑むことになります。

僕たちシレジアはリーグ戦2位だったので、3位のブロツワフとの対戦でした。

初戦はシレジアのエース渡辺と向こうのエース、ベネズエラ人のオチョアとの先発で始まりました

試合は予想通りの投手戦で、お互い全く打てず、スコアボードには0が並んでいきます。

僕もこの試合は全く打てなかったのですが、終盤の7回のピンチに奇跡のダイビングキャッチをし、守備だけではチームに貢献できました。

試合は1対1の接戦で延長戦に入ります。

結局試合は延長12回までもつれ込み、最後は相手のエラーでサヨナラ勝ちとなりました。

シレジアの先発渡辺は12回完投で196球の熱投。相手のオチョアも10回まで投げぬき、両先発が奮闘した試合となりました。

次の試合の先発は、シレジアはポーランド人ガラスのエース、アディと向こうもポーランド人投手の先発で始まりました。

試合前、ガラスの身体を持つアディが肘が痛いと言い出します。

ウチの投手陣はものすごく層が薄いので、アディが降板するとなかなかピンチになります。

アディには最低でも7回は投げてもらわないと困るんです。

念のため、最初のキャッチボールの段階から僕も投げる心構えでアップしていたところ、

アディが僕に向かって一言。痛み止め飲んだら全然大丈夫やわ!とアディスマイル。

試合が始まると、のらりくらりとガラスのエースアディが完投勝利!

痛み止め作ってくれた人ありがとう!

これで僕たちは2連勝で、プレーオフ決勝のポーランドシリーズまであと一勝となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です