ポーリッシュカップ準決勝。強豪クトゥノと対戦。

こないだの投稿の続きになります。

1回戦を圧勝した僕たちは、準決勝でこの大会のホームチームのクトゥノと対戦することになりました。

クトゥノはレギュラーシーズンを1位で終えており、昔からポーランドの強豪チームです。

ちなみにクトゥノの球場はアルコール禁止となっております。

試合はfacebookでもライブ配信されていたので、興味ある方はこちらをどうぞ。

https://fb.watch/7GCNChXabD/

試合は最初から最後まで接戦でした。

うちのチームも試合前からみんな気合マックスで、みんなアドレナリン全開。

ウチのチームは四球やシングルヒット、バント、盗塁などをうまく使い、得点を取っていくスモールベースボール。

一方、クトゥノはパワーヒッターがずらりと並ぶ強力打線。

ウチのチームシレジアはバント、盗塁などをうまく使い得点していきましたが、相手のクトゥノも負けじとホームランなどで得点していきます。

ただ、不運なことに主審がコリジョンルールをなぜか適用してくれず、僕たちはホームで2回アウトになり、2点追加することができなかったのです。

抗議しても覆りません。なぜなら審判はクトゥノの選手の家族などのチーム関係者がしており、クトゥノ有利の判定は多くありました。

これがポーランド野球の現実です。

今後のプレーオフでは第三者のチームの審判がやってくれることを願いますが。

試合は結局、終盤に登板した相手のMax140キロ後半を投げるアメリカ人投手を打ち崩せず、1点差で敗戦となりました。

ただ、ウチみたいなチームがサインミスや走塁ミスなどをすれば、負けるのは必然です。

完璧に勝ちゲームでしたね。

この敗戦でチーム全員が悔しさを味わい、プレーオフでリベンジすることをみんなで誓いました。

ちなみに、僕はこの試合で人生初のホームランキャッチをしました。

実際の映像がこちら↓

フェンスはおよそ3m弱ほどあるので、自分でもびっくりなプレーで、自分の野球人生においても最高のプレーだったのは間違いありません。

現役続けてて良かったなと心から思いました。

やっぱり野球はおもしろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です