令和元年は自身6か国目となるクロアチアリーグでプレイしています。サッカーではありません。

 

 

小学生の時はサッカー。野球は中学に入った時に本格的にはじめ、高校は無名の都立千歳丘高校に入学。

 

 

2年までベンチ外で自分たちの代になり、ようやくレギュラーになるも公式戦で1勝もできず引退。しかも最後の夏の大会はあっさり7回コールド負け

 

 

大学では野球サークルと草野球で楽しく過ごし、新卒で一般企業に入社してからは二年間ほぼ野球をしない生活に。

 

 

自身の詳しい経歴についてはまた後日書こうと思います。

 

そこから縁あってイタリアに単身で飛び、アメリカ、オーストラリア、ドイツと各国のチームを転々。

 

今年は日本含め自身6か国目となるクロアチアにまで来てしまいました。

 

僕は今年クロアチア一部リーグの強豪オリンピア・カルロバーツでプレーすることになりました。

 

 

去年2018年の優勝チームです。

 

うちのチームのクロアチア人のほとんどが現クロアチア代表or元クロアチア代表選手になります。

 

 

 

チームメイトの年齢は14歳から45歳まで幅広く、日本では考えられないチームとなっております笑 

 

 

 

しかし、このような光景はうちのチームだけでなく、ヨーロッパの多くのチームで見られる光景になります。

 

 

 

ヨーロッパではサッカーが人気で、野球人口が少ないのでこれは仕方ないことですが。

 

 

最年長のブランコは監督兼選手で毎試合プレーはしませんが、バッティングに関しても守備のことに関しても、積極的にナイスなアドバイスをくれます。

 

 

僕が今年打撃好調なのも彼のおかげでもあると思います。

 

うちのチームには今年15と16になる選手が計3人います。

日本でいうと中学3年と高校1年の年になりますね。

 

 

 

彼らは3人ともU15とかのクロアチア代表であり、まだ子供ですけど三人とも身長180以上あり、日本人の同年代の子よりガタイはいい方になります。

 

 

ただ、大人に混じるとクロアチアでは180は決して大きくはなく、普通ぐらいになります。彼らはたまに試合に出ながら日々経験を積んでいます。

 

 

 

ちなみにうちのチームでは身長190以上が3,4人います。

やはり190近くないと世界ではでかい部類に入りませんね。

 

 

 

他にチームメイトの外国人を紹介しておきましょう。

元MLBボストンレッドソックス傘下で5年プレーしていたベネズエラ人左腕のかめはめはカルロス。

 

ドラゴンボールとラーメンの大ファンです。

確か元ミネソタツインズ傘下?のアメリカ人で今はクロアチアのパスポートを獲得し、現在はクロアチア代表のゴジラことフィル。

すみません、後日知りましたが彼は大学野球まででした。

 

 

 

セルビア代表の主砲として長くチームを支えた、セルビアの飛ばし屋ことゴリマッチョブラスタ。

 

 

彼は元バスケの選手でユーゴスラビアのバスケ代表だったとか。

写真左。右はクロアチアの主砲。

 

スロベニア代表のミスターフルスイング・マティックと技巧派右腕のROK。

 

そして、過去の輝かしい実績0の無名で謎の日本人、大谷尚輝の計6人の外国人がいる多国籍チームです。

 

カルロスはレッドソックスマイナー時代に上原浩治投手や田沢純一投手、渡辺俊介投手と話したことがあるそうで、よくお腹すいたって日本語で話しかけてきて和ませてくれます笑

 

 

 

 

彼はベネズエラのプロリーグで、日本で55本のホームランを打ったアレックス・カブレラとチームメイトだったそうです。

 

 

アレックス・カブレラのベネズエラでのニックネームはサムライなんだとか笑

 

 

 

チームの雰囲気はとても良く首位をキープしています。

 

2019年5月22日現在,8試合に出場し

25打数11安打 4二塁打 2三塁打 4打点 7盗塁 打率.440  (インターリーグとクロアチアリーグの合算)

チームの成績は10勝2敗。

もっともっとがんばっていきます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です