海外で実際に受けた人種差別

今回は僕が実際に受けた人種差別について話していこうと思います。

 

人種差別に抗議する人達が世界中にいますが、その一方で人種差別する人が多くいることも事実です。

 

 

その1、つり目

アジア人差別でおそらく1番多い、目を横に引っ張って目を細くする仕草。

 

キューバ人のグリエル選手がダルビッシュ選手に対して行った仕草で一時期問題になったものです。

https://www.youtube.com/watch?v=KWoMCUU8nf8

 

これに関しては僕が住んだことのあるイタリア、オーストラリア、アメリカ、ドイツ、クロアチア全部で受けたことがあります。

 

ただ、その中でダントツに多かったのがイタリア。

 

当時はその差別行為自体を知らなかったので、やられる度に言い返してました。日本人はそんな目細くねーし!と。

 

当時は必死に戦ってました笑

 

当時の彼らもそこまで人種差別を意識した発言ではなかったように見えました。教育が足りてないだけなのかなと今はそう思います。

 

ただ、イタリアにいたのははるか昔の2013年。

改善されてることを願います。

 

ちなみにアメリカ、ドイツ、オーストラリア、クロアチアではその行為をされましたが、数えられる程度でした。

 

ただ、欧米人と一緒に鏡で顔を見ると、確かにいつもより自分の目が小さく見えることはありました。

FUJIWARAの藤本さんの顔がデカいネタに似ています笑

https://www.youtube.com/watch?v=d7ChptsLDuU

 

 

その2、身体的なこと

 

身長が高い国ではよく言われることですが、日本人は小さいからとかよく言われます。

小さい小さいと何回も言われるとちょっとストレスも溜まってくるんです。

まぁ、これぐらいなら差別とはあまり思いませんが。

 

その3、兄弟ネタ。

 

これに関しては人種差別だとは思いませんが、何回も言われるとけっこうウザいんです。

 

向こうの友達と出かけていたときに他のアジア人を見かけると、おいお前の兄弟がいるぞっと笑いながら言ってくるんです笑

 

アジア人はだいたい友達と思っているのか?笑

 

まぁ、そういう時は笑いながら蹴っ飛ばしていました。

 

 

・その他もっとひどいこと。

 

・絵文字で目が細い絵文字を使ってアジア人のことを表現している。

 

普通に笑いながら、たまにアジア人のことを話すときこういう絵文字使うんだよねーと言われた時びっくりでしたね。

 

たぶん悪気ないと思うんですがいい気分ではなかったですね。

 

 

・アジア人に向けてマンションから生卵を投げつける

 

これはちょっと都市伝説に近いんですが、オーストラリアの若者がこういう悪戯をするという噂を聞きました。

 

ただの噂かと思っていましたが現に、日本人で歩いていたら生卵が近くに落ちてきたという話は聞きました。

 

本当だとしたら悪質ですね。

 

 

・白人至上主義

 

いまだにこういう人も少なからずいます。

僕が昔受けた某アメリカの独立リーグのオーナーでこのような人はいました。

白人だけのチームを作りたがっているとかですね。

そういう噂は聞いていました。

ただ、特に態度には表していなかったのでまだ良かったです。

これも時代が進むに連れて少しずつ減っているとは思いますが。。。

 

日本人も意外と差別している

 

海外から帰ってきて思いますが、日本人もけっこう差別していることあるなと感じます。

 

アメリカ人=太っていると思っている人が多いですよね?

特にドイツでは男性に体重を聞いても教えてくれない人もいました。太ってるのを気にしている人は日本以上に男性で気にしている人は多いなと感じました。

 

欧米の人は髪の毛の量が日本人より圧倒的に少なく、スキンヘッドの人も多いですよね?

気にしていない人もいれば意外と気にしている人も多いです。

育毛剤買おうかなといってる人もいましたし、なかなか帽子を取らない人とかもいます。

 

あと、身長の高い外国人女性には日本語でデカいと言うのではなく、身長が高いと言いましょう。

日本人の身長高い女性に対してもですが、失礼にあたります。

 

 

今回はこの辺で。

それではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です