コロナに打ち勝ちクロアチア野球リーグの開催が決定

 

 

タイトル通りですが、クロアチア野球リーグが2020年の試合日程を発表いたしました。

 

 

 

クロアチアでは早くから外出禁止令などの措置がとられ、5月に入ってからは1日の感染者が10人を切る日も多くなってきました。

 

 

 

その影響もあり、5月末からクロアチア野球リーグは無事開催されることが決定しました。

 

 

 

ただ、クロアチアリーグと同時に行うインターリーグは、残念ながら中止となりました。

 

 

インターリーグは国をまたぐのでしょうがないですね。

クロアチア野球リーグ・インターリーグ Inter league baseball

 

 

 

今年はフランスの野球リーグが中止となるなど、各国の野球リーグもかなり影響を受けています。

 

 

 

今年は毎年開催される国際大会も中止かと思います。

 

 

ロシア行きたかったな笑

 

 

 

このコロナの影響を受け、移籍する予定だった2選手がカルロバッツに残留が決定。

 

 

そして、ここ2年はドイツ1部で2刀流として活躍していたアントーニオも今年は古巣カルロバッツでプレーすることに。

 

 

 

彼らが抜ける予定だったために獲得した、2人の元マイナーリーガーのベネズエラ人もいる今年。

 

 

 

なかなか強い。

ちなみにクロアチア野球リーグの開催決定はカルロバッツ ニュースにも載っていました。

https://kaportal.net.hr/kas/3813289/baseball-liga-trebala-bi-poceti-30-svibnja-prvi-susret-u-karlovcu-6-lipnja-horvatic-na-celu-akademije/

 

野球のことを頻繁に取り上げてくれるのが、この町のいいとこ。

 

 

ただ、今年プレーできるかわからない選手もいます。

 

 

 

スロベニアとセルビアに住んでる選手は、クロアチアの隣ですが、クロアチアには未だ入国の許可がおりていません。

 

 

 

もちろん日本人の僕も。

 

 

正直、みんなコロナ次第です。

 

 

 

はやくこの事態が収まってほしいものです。

 

 

しばらく電車乗ってない。。

 

 

#NO3密

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です