ブルガリアのソフィアからプロヴィデフへ。

ブルガリアに野球場なんてあるの?

ブルガリアのソフィアで野球場を見て満足し、最終地点であるトルコに向かいます。

 

ただ、ソフィアとトルコのイスタンブールの間にそこそこ大きい町があったので、そこへ寄ってみることに。

町の名はプロヴィデフ(plovdiv)

人口は35万人程度。

観光地としてそこまで有名な町ではありません。

移動のバスはベンツ。

ベンツのバスはなかなか快適。

 

町へ着き、バス停から中心地まで20分ほど歩きます。

中心はなかなかキレイ。

 

中心地には古代ローマ?古代ギリシア?系の遺跡があります。

小さい町なので1日あればだいたい観光できてしまいます。

 

プロヴィデフの有名な観光スポットの1つ。

コロッセオ

イタリア、ローマのコロッセオよりはるかに小さいですが、歴史あるコロッセオ。

しかし、たいして大きくないのに入場料がかかるので、外から眺めていました。

まぁ、眺めてただけでも良かったです。

それにしても、ヨーロッパにはホントにコロッセオが多いなーと感じます。

でも、やっぱりローマのコロッセオがベストですね。

 

近くにもう一つの観光スポット

見晴らしのいい場所。

https://youtu.be/FmCTolUS7xU

 

僕的にはプロヴィデフに来たら絶対に行ってほしい場所です。

僕が行った時はあいにくの曇りだったのですが、晴れなら絶景かと思います。

 

プロヴィデフの見どころは正直このぐらいでした。。

 

これから美食の国、トルコへ向かいますが、実はブルガリアも隠れた美食大国かと思います。

バルカン地域を旅してきましたが、ブルガリアのご飯が一番おいしかったんです。

それに種類が豊富で、いろんな料理を堪能できます。

ブルガリアで食べた物、飲んだ物を紹介していきます!

 

スーパーのお惣菜コーナー

これはスーパーのお惣菜コーナー。

おばちゃんにどれがブルガリア料理?と聞くと

 

全部ブルガリア料理だわ!

 

と言われました。ホントかどうかわかりませんが笑

 

ブルガリア滞在中はスーパーのお惣菜よく買ってたけど、どれも美味しかったです。

屋台のコーン

小さいやつは確か100円程度。

チーズと塩と謎のソースをかけてくれます。

とびきり美味しいわけではないですが、町中にはコーンの屋台をよく見かけます。

安くてうまいB級グルメです。

はちみつ

マーケットでは美味しそうなはちみつがたくさん売られており、値段も手頃。

美味しいはちみつが安く買えます。

 

ブルガリアの豆料理

これに関しては食べてないので味はわからず。

すんません。

 

ブルガリアソーセージ

見た目はバルカン地域の大人気料理、チェバッチチに似ていますが、チェバッチチよりも少し長くて油っぽくない印象。

美味しいけど、たくさん食べたら飽きちゃう。

スープ

ブルガリア料理なのかわかりませんが、スープ系もそこそこ見ました。

見た目はブルガリアの豚汁です。

味はね、もう二ヶ月も前のことなので覚えてないですけど、具だくさんで、おいしかったのは覚えています。

フレッシュジュース

試しに買ってみたらかなり美味しかったので、もっと飲めば良かったなーと少し後悔しています。

味良し、値段も良しです。

 

ブルガリアで絶対に飲んではいけない飲み物。

ピザ屋で買ったブルガリアの伝統的な?飲み物。

見た目美味しそうだったから、おいしいかなと思いきや激マズ。

味もなんといえばいいのか。。なんかドロッとしていてスープに近い感じ。

がんばっても全然飲めない。。

同じホステルにいた人達何人かに飲ませましたが、みんな飲めず。

僕の味覚がおかしいわけではないと証明されました。

くれぐれもコーヒーと間違えて注文しないようにお気をつけて。

 

次はプロヴィデフからイスタンブールへ。

列車でヨーロッパからアジアへ向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です