クロアチアのスーパーで不審な人物と遭遇した本当にあった話。

私の名前はオオタニナオキ、31歳。

現在は東ヨーロッパのクロアチアに住んで野球をしている。

今回の話はクロアチアに来て数か月経ったぐらいの時の話である。

私はどちらかというと、好奇心旺盛で、海外のスーパーが好きだ。

アメリカなどの大きいスーパーだと最初は平気で2時間いたりするぐらいである。

日本とは違う商品が多く並べられているので、どんな物が売られているか、値段はいくらぐらいするのかと、興味津々なのだ。

もちろん慣れてくればそんな長いこといることはないが。

ある日、クロアチアの大きめのスーパーマーケットに1時間ほどいた際、

ふと気づくと、なんだか同じ顔を何回も見かけることに気が付いた。

25歳ぐらいの色白の男性で背丈は私と同じくらいの180センチ程度。

私は、あいつも一人暮らしなんだなーと。

少し仲間意識が湧いた。

次の日、また彼を見かけた。

同じ雰囲気で一人かごを引いてる彼を。

しかも、かなりの長時間彼はスーパーにいた。

何回か目が合う。

なんだか私は彼を不気味に感じた。

一人でなんでこんな長時間地元のスーパーにいるんだ?

なんで毎日のようにスーパーにくるんだ?と。

正直なんだか気持ち悪かった。。

スゲー変なやつなのだろうと思った。

でも、考えてみたら私も彼と同じようなことをしていた。

しかし、私はここでは外国人。

日本のスーパーで彼と同じようなことはしない。

ある日、思わぬ形で彼を再び見た。

場所はまたスーパーマーケットだが。

出入口のとこに立っている警備員として。

そう、彼はスーパーで警備員の仕事をしていたのだ。

ん?まさか。。。

そう。

彼は買い物をするフリをしながら万引きを捕まえる、万引きGメンだったのだ。

いや、直接聞いたわけじゃないので、あくまで推測だが。

しかし、

もし、彼が万引きGメンでなかったら、近所のスーパーに毎日何時間も滞在する

ただの変人だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です