MLBドリームカップ2019、軟式野球大会に元メジャーリーガーの桑田真澄氏と岡島秀樹氏が出場?

こんにちは大谷です。

元メジャーリーガーの岡島氏が、軟式野球の大会に選手兼監督で出場するというのをFacebookで見かけました。

どうやら、岡島ベースボールクラブという岡島氏公認の草野球チームで明日、出場するみたいです。

岡島ベースボールクラブの設立者の方は、いつか岡島さんにチームの監督をしてもらうのが夢だったそうです。

今年がチーム設立10年目で、夢がかなったみたいですね。

素晴らしい。

ホームページを見ると、なんとこれまた元メジャーリーガーの桑田真澄氏も出場とのこと。

https://www.xebiodreamcup.com/

軟式野球いわゆる草野球の大会に、日本でもMLBでも活躍した選手が二人も出るなんて、昔の草野球では考えられなかったことだと思います。

このようなスター選手が出場するということで、低迷していると言われる野球人気の改善につながるんではないでしょうか?

岡島さんとは練習を一緒にさせてもらいましたが、一般の人に対してもごく普通に接してくださり、壁を作らないでフレンドリーに話していただきました。

岡島さんの本はこちらから。

挑戦すれば道は拓ける どんな逆境にもへこたれない僕の生き方

桑田さんに関しても、人間性に関して良い噂をよく聞きます。

そのような人間性のできた人たちだからこそ、変なプライドを持たずに軟式野球の大会に、一般人と一緒にプレーできるのかもしれません。

ちなみにこの大会には人気youtuberのトクサンとライパチさんが所属するチーム、天晴も出場予定です。

そして、桑田真澄氏、岡島秀樹氏、チーム天晴の3チームの試合がライブ放送されます。

2019/08/12(月・祝) 09:00 天晴-appare- 対 和田町ヤンキース
2019/08/12(月・祝) 11:00 岡島ベースボールクラブ 対 Tokyo Fight Money
2019/08/12(月・祝) 13:00 桑田パイレーツ 対 東京楽天ゴールデンイーグルス


ライブ放送はこちらから。

https://ohen.tv/channel/120042

それにしても、元メジャーリーガーと同様の注目を浴びる人気youtuberはすごいですね。

今の子どもたちのなりたい職業ランキング上位が、youtuberというのも納得できます。

トクサンTVチャンネルは下記からご覧になれます。

https://www.youtube.com/channel/UCfkM3u-0uSKADDitZLpXcfA

大会は全国の都道府県予選大会[7]を得て、全国8地区で地区決勝大会を実施。各地区の代表8チームが全国大会決勝トーナメントを行う。

優勝チームはプロ野球OBチームと対戦するドリームマッチが決勝戦後行われる。

また地区決勝大会会場では、プロ野球OB選手による野球教室や野球イベントが地元の野球ファン向けに開催される。

決勝大会は第5回までは東京ドームで行われたが、冠スポンサーのマルハンがナショナルチェーンであることを考慮し、

第6回は福岡 Yahoo! JAPANドームに開催地を移したが、第7回大会からは再び東京ドームでの開催となった。

ゼビオドリームカップに改まった第1回は西武プリンスドームで開催。

第2回は沖縄セルラースタジアム那覇、第3回は宜野湾市立野球場での開催となる。

優勝チームには、副賞として協賛企業であるミズノからミズノ商品券20万円、ナガセケンコーボールよりボール5ダース、

キリンビバレッジから選手全員にキリン生茶1年分、江崎グリコからポッキー1年分が贈られる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/MLBドリームカップ


野球教室や野球イベントが、地元の人たちに向けて行われるみたいですね。

特にこどもたちにとっては貴重な体験となるはずです。

ぼくも子供のころ野球教室に参加してみたかったですね。

個人的には生茶1年分とポッキー1年分の量が気になります笑

草野球も上の方のレベルになるとかなりレベルが高くなるため、もはや草野球とは呼べなくなってきますね。

このMLBドリームカップも昔は、マルハンドリームカップ・全国草野球トーナメントという大会名だったみたいですが

レベルが上がってきていることや、さらに高いレベルの大会にしたいという思いから、名称から草野球という単語を取り除いたようです。

MLB,NPBのレベルも上がってきており、世界の野球のレベルは上がってきていますが、日本の草野球もかなりレベルが高くなってきていますね。

ここまでレベルが高くなってきたのは、野球youtuberの方の影響が大きいのではないかと、個人的には思います。

今まで注目を浴びなかった選手が、youtubeを通して注目を浴びるようになり、それに負けじと他の選手も努力する。

草野球でもトップチームになると、厳しいトレーニングを昔より積んでいるイメージがあります。

みなさん仕事があってもトレーニングをしているようですからね。

もう一種のアスリートですね。

軟式で145キロ以上出す投手も全国レベルだといるみたいなので、是非ともクロアチアのチームで投げてほしいものです笑

ナガセケンコー(KENKO) 軟式野球 公認球 ケンコーボール M号

野球 グローブ 軟式 一般 オールラウド 内野手 右投げ キャッチボール 子供 少年 大人用 10.5 11.5 12.5 インチ 衝撃吸収パッド 内蔵 初心者 ブラック ブラウン ブルー ピンク 多色選び 【竹令製品】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です