クロアチアのカフェバー事情➁お会計の仕方、席の座り方は?喫煙率が高いのは本当か?

こんにちは大谷です。

早いものでクロアチアに来て4か月が経ちました

この4か月ほぼ毎日のようにカフェに通っています。

前回書いた記事の後に他にも分かったことなどを書いていきます。

・席の座り方。

クロアチアのカフェは主に外のテラス席と中の席に分かれています。

席は基本どこに座ってもOKで、座っていればそのうち店員が来ます。

基本すぐ来ますが、混んでいる時は気長に待ちましょう。

・お会計の仕方。

お会計の仕方は2通りあります。

だいたい地元の人はその辺をウロウロしている店員を捕まえて、テーブルで会計をしています。

チップはありませんので、おつりがある場合は後で持ってきてくれます。

店員がウロウロしていない場合は、仕方ないのでこちらからレジまで向かって会計をしましょう。

・開店がかなり早い。

早い店は朝6時からオープン。それでもよく6時前から店の前でおじさんが待っていたりするみたいです。

仕事前にカフェでコーヒー飲んでから行きたい人、働いてなく暇な人が主に朝からやってくるようです。

店員にとってはかなりのストレスのようですよ笑

・閉店後でも外の席なら居座り続けてもいい。

これは都心の方はどうなのかわかりませんが、僕の住んでいるカルロバッツではOKなカフェが多いです。

閉店の際、多くのカフェは外のイスなど片付けずに外に放置しています。大阪のおばちゃんがいたら持って帰っちゃうんじゃないかと思うこともあります。

閉店後、店員が帰っても僕はそのまま居座り続けることもたまにあります。ぼくの家WIFIないんで。。。

・帰る時はグラスを放置していってOK

店員の人は基本、お客さんが帰らないとグラスを下げません。

なので、帰る時は店員がいればボックっと声をかけ、帰りましょう。

ちなみにボックはクロアチア語で、helloとsee youの、どっちの意味も持つ便利な言葉です。

店員が見つからない時は何も言わずに帰っても大丈夫です。

ただ、支払いだけ忘れないようにしましょう。

閉店間際だとグラスを片付けずに帰ってしまう店員も笑

・食べ物が売っていないカフェでは食べ物持ち込み可の店もある。

その店にもよるのかもしれませんが、僕は基本なにも言われたことないですし、お腹空いたときどうどうとバナナ食べたりしてます。

たまに地元の人が食べているとこもたまに見かけます。

・常連になるとアメとか付いてくる。

ちょっとしたサービスですね。

ただ、ぼくはあまりアメ食べないんで、たくさんもらっても困ってしまいます。

チョコなら大歓迎なんですけどね。

・早朝行くとたまにパンが付いてくる。

これは正直なぞですが、ぼくの行きつけのカフェでは朝行くとたまにパンもついてくるんです。

毎回ではなく、たまに。。。

どこのカフェもそうなのかと思いきや、そうではないみたいです。

クロアチアカフェの七不思議の1つです。あとの6つのことは聞かないでくださいね。

・おっさんが多い。

日本では若い女の子に、インスタ映えに大人気かもしれません。

クロアチアでは少し違います。

年齢層が若い人から年寄りまで年齢層が幅広く、むしろ年寄りの方が多いんじゃないかと思うぐらいです。

そして、どっちかというと、男性客の方が多いです。

その理由はおそらく次の2点。

・店員は若い女性が多い。

レストランのウエイターは男性もいますが、カフェに関してはほぼ女性のみです。(観光地は除く。)

男性はボスを除くとほぼ見かけません。

・カフェというよりバーの感覚で酒を飲みに来ている人が多い。

前の記事でも書きましたが、クロアチアのカフェはカフェバーという感覚です。

なのでコーヒーなんて飲まずに朝から夜までビール飲んでいるような人もいます笑

・毎日見かける常連客が異様に多い

こいつ、いつ仕事してるんだという常連客はかなり多いです。

逆に他の人から見ると、あのアジア人いつもいるよなと思われていると思いますが笑

・喫煙率がかなり高い

これはおそらく80パーセントほどのお客さんはタバコを吸っているんじゃないでしょうか?

しかも、喫煙率は男女ほぼ変わらず。

彼らいわく、コーヒー、酒、たばこは辞められないと。

店員も喫煙しながら仕事したりしています。

タバコが嫌いな人はクロアチアのカフェには向いてないです正直。

レストランは確か、ほぼ禁煙だったので、たばこが嫌いな人はレストランでコーヒーを飲みましょう。

・場所によってはジロジロ見られる。

観光地では問題ありませんが、観光客が来ないローカルな町ではものすごくジロジロ見られます。

彼らにとってアジア人は珍しいので、店内にいる客がガラス越しに僕のことをジッと見てくるなんて、今や日常茶飯事です。

あまり見られると入りくいですけどね。

クロアチアに住んでいる日本人は極端に少ないですからね。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?

主にローカルのカフェ事情になるので、観光地とは異なることがありますので、ご了承ください。

前回のを合わせると、これであなたもクロアチアのカフェバーについては完璧です。

それでは旅行を楽しんで!

“クロアチアのカフェバー事情➁お会計の仕方、席の座り方は?喫煙率が高いのは本当か?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です