3勝3敗で迎えたクロアチアシリーズはまさかの未だ決着つかず。。

こんにちは大谷です。

ちょっと今日はまだアドレナリンが出てます。

クロアチアシリーズ、カルロバッツ対スプリットの試合は去年と同じく第7戦まで長引きました。

本拠地クロアチアのカルロバッツで迎えた第6戦は9回までで2点リードも9回表に一挙8点取られ逆転負け。

カルロスは200球を超える球数でした。相手のアメリカ人左腕も150球以上投げたんじゃないでしょうか?

そんな感じの総力戦でした。

スコアは7対13。

スプリットが良いチームなのは改めてわかりました。

レギュラーシーズンの時よりはるかにいいです。

まぁ、主にスプリットのアメリカ人コンビの活躍にやられました。

そして、泣いても笑っても最後の試合、第7戦が始まりました。

観客は推定250から300人程度が球場に足を運びました。

先発はカルロバッツが長身パーベとスプリットはアメリカ人右腕の先発で試合が始まりました。

僕は2番センターで出場しました。

1回表、いきなり相手の2番黒田博樹投手のスパイクを持ってるバッターにホームラン。

続く3番のピッチャーのアメリカ人にも打たれ2者連続ホームラン。

もう最悪のスタートでした。

1回裏、2番大谷がレフトフェンスにワンバウンドで直撃するツーベースで出塁。

彼とは相性がいいので、いつもどおりバット振れば大丈夫だなと思い、自信を持って打席にたてました。

3番ボボのセンター前で1点を返します。

その後は続かず、2対1のまま試合は進みますが、4回に相手のアメリカ人に2打席連続ホームランを打たれるなどで6対1となり、先発パーベはKO。

その裏のカルロバッツは2番3番連続四球の後、4番アメリカンゴリラことフィルのタイムリーツーベースヒットなので3点返します。

その後もチャンスでしたが下位打線の高校1年生コンビが凡退。

まぁ、彼らを責めることはできません。よくがんばってます。

4対6で迎えた5回表に突如雷雨で試合中断。

45分ぐらい待った結果、雨は止んだのになぜか試合は延期に。

理由は水たまりの部分を整備する時間などを含めると試合終了時間が遅くなるため、ボールが見えなくなるということ。

カルロバッツには内野にしか照明がないので、夜は試合ができないんです。

そのため試合は5回表1アウトから試合が再開するとのこと。

これはMLBルールだと。

MLB好きだなー。。

相手はおそらくエース左腕が再び投げてくるでしょう。

うちはDHを解除してしまったので、どうなるのか。。

ただ、相手は4時間ほどかけてスプリットから来ての試合になるから、ホームでできる自分たちは多少有利なのか?

この雨は恵の雨だと思って、土曜の試合に備えます!

クロアチアリーグの情報はこちらからどうぞ。

https://web.facebook.com/pg/CroatianBaseball/about/?ref=page_internal

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です