ドイツ野球・ブンデスリーガ二部はどんなリーグなのか?レベルはどのぐらい?

こんにちは大谷です。

今回はドイツブンデスリーガベースボール2部のレベルについて書いていこうと思います。

ちなみにドイツのブンデスリーガベースボール2部は意外とチーム数が多く、40チーム以上あります。

そして、地域ごとに細かく分かれており、今回は僕が所属していた2018年ブンデスリーガベースボール2部の、サウスウエストリーグのレベルについてになります。

ドイツは北より南の方が野球が盛んであり、南の方が強いと言われています。

チーム数も南の方が圧倒的に多いです。2部や3部の話しですが。

でも、2018年は北のボンがドイツ1部を制しましたがね。

僕は2018年にドイツ2部のチーム、ダルムシュタット・ウィペッツにて選手兼監督でプレーしていました。

選手の年齢は15歳から45歳ぐらいまで幅広く、日本では考えられないチーム構成です。

平均年齢は30歳ぐらいでした。

ただ、15歳でもU15のドイツ代表の選手だったので、とてもいい選手でした。彼には将来があるので極力毎回スタメンで使い続けました。

打率も.350ぐらい打ってましたね。

将来はシニアチームのドイツ代表として活躍してくれることでしょう。

うちのチームには元ドイツ代表の若手が何人かいました。ブンデスリーガ2部の中では強豪チームだったので思っていた以上に良い選手はいました。

ダルムシュタットのエースは194センチ100キロ左腕のヤン。

角度のある重い球を武器に2018年度はリーグで一番良いピッチャーだったと思います。

その他の投手陣は元レッドソックス、今年からMLBカブスに加入した守護神、キンブレル!の弟。

元NBAのプロバスケットプレーヤーだった身長2m越えのベテランアメリカ人ジョー。

前の年までブンデスリーガ1部でプレーしていた投手兼野手のドイツ人二人。

野手陣は外野手にバッティングのいいアメリカ人がもう一人。

正捕手が15歳のフィリックスでショートは16歳のカルロの代表コンビ。

センターは100m11秒5で走る19歳のロージー。

彼は2019年からブンデスリーガ1部のケルンでレギュラーとして活躍しています。

うちのチーム、ダルムシュタット・ウィペッツは2018年20勝4敗でストームスと並び同率一位でした。

2018年はほぼ2強でした。

他のチームは

フランクフルトにはアメリカ人の元マイナーリーガー左腕がいました。

彼以外は正直なところレベルは低いなという印象でした。

ハイデルベルクには日本人の小林君が在籍しており、日本の大学野球を経験していた彼はレベルの違いを見せつけていました。

チームのレベルはまぁまぁというところでした。ちなみに彼は2019年もブンデスリーガ2部の北の方でプレーしています。

マインツの2軍は1軍がブンデスリーガ1部に在籍しており、主に10代20代前半の若手チームでした。

毎回コールド勝ちだったと思います。2軍の主力はたまに1軍の試合にも行くため、2軍の主力がいないと人手不足に見えました。

ホーネッツは前の年までブンデスリーガ1部に在籍していたにも関わらずかなり弱かったです。

選手がけっこう抜けたみたいですが、ほぼコールドで勝っていたイメージがあります。

カッスル。前の年まで3部にいたチーム。もうガチ草野球チームでした。正直試合したくなかったです。

2019年から再び3部に落ちました。

ブンデスリーガ2部では外国人を取っている球団もありますが、基本はドイツ在住の外国人が多いです。

基本毎週日曜日にダブルヘッダー。1試合目は9回まで。2試合目は7回までです。

外国人枠は3人までで、外国人は2試合目にしかピッチャーをすることができません。

2軍のあるチームは2軍の選手を1試合に3人まで使用できます。もし4人使ってしまったらその時点でそのチームの負けとなります。

2019年からはカッスルに代わり、マンハイムの2軍が参入しています。

2019年はカッスルがいなくなったのでリーグのレベルは上がったでしょう。

ただ、僕が今までプレーした海外リーグのなかで一番レベルは低かったと思います。

クロアチアのチームと比べると守備はそこまで劣らないですが、バッティングに差があります。

ブンデスリーガ2部ではガタイが良い選手が多い割にホームランが全然出ないんです。

実はダルムシュタットは球場の設備さえ整えば、ブンデスリーガ1部に昇格できました。

でも、たとえ1部に昇格しても最下位だったと思います。

ブンデスリーガ1部の最下位と2部のトップチームはそこまで差はないと思いますが、1部の優勝チームと最下位チームはかなり差があるかと思います。

なので、もしあなたがブンデスリーガ2部でプレーするなら2部の強豪チームでプレーすることを強く勧めます。

サッカーなら話は別ですが。。。

サッカーブンデスリーガ2部

https://www.bundesliga.com/jp/news/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC2%E9%83%A8%E6%83%85%E5%A0%B1.jsp

ブンデスリーガベースボール

http://stats.baseball-softball.de/2blsw/

“ドイツ野球・ブンデスリーガ二部はどんなリーグなのか?レベルはどのぐらい?” への2件の返信

  1. コメント失礼します。
    ドイツも含めてヨーロッパに留学やワーキングホリデーを考えている大学生なのですが、現地で働かないとお金が足りないので働くつもりですが、なかなか日本人は雇ってもらえないという現状もあり、もし通用するのであれば野球を現地での仕事にしたいのですが、高校で千葉県でベスト16程度のチームでプレーしていた自分でも通用したりしますか?

    1. 日本食レストランなどなら雇ってくれる場所はあると思いますよ。正直、ヨーロッパで野球を仕事にする方が断然難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です