クロアチアリーグ公式戦10試合が終了と、チーム成績

 

クロアチアリーグが始まり1か月ちょい。

 

僕のチームカルロバッツは10試合を消化して10勝0敗の10連勝。

 

今年はどのチームもコロナウイルスの影響で外国人選手がほとんどいない状況で、リーグのレベルはガクンと下がっています。

 

ただ、カルロバッツだけは元マイナーリーガーのベネズエラ人3人がおり、それもあってほとんどの試合で10点以上取って圧勝しています。

 

スコア

対VINDIJA 18:0

対VINDIJA 17:2

対ZAGREB 15:0

対ZAGREB 11:5

対SPLIT 11:1

対SPLIT 21:5

対SPLIT 7:4

対SPLIT 6:4

対ZAGREB 10:4

対ZAGREB 16対1

 

今年はどのチームも10代の若手がよく出場しており、彼らにとっては実践経験を積むいいシーズンになるでしょう。

 

カルロバッツも下位打線や投手陣は、去年までは出れなかった若手が多く起用されています。

 

 

さて、10試合が終了し、残りはわずか6試合。

 

コロナの影響で今年はこんなに少なく。。。

 

 

ってことではなく、去年も同じ試合数でした笑

 

 

ただ、去年は国際大会やインターリーグがあったので、クロアチアリーグ以外の試合も多くありました。

 

クロアチアリーグのプレーオフも去年と一緒の試合数で4位のチームまで出れます。

 

5チームしかないのですが。。。

 

今年はよっぽどなことがない限りカルロバッツの優勝は固いでしょう。

 

カルロバッツのエースで、クロアチア代表のエースでもあるアントーニオは今年まだ1回も先発で投げていません。

 

プレーオフ決勝では投げるのだろうか。。。

 

 

 

 

そういえば最近あったカルロバッツ対スプリットの試合で盗難事件がありました。

 

両チームの選手のロッカーに何者かが入り、日本円で合計30万以上の現金が盗まれました。

 

正直、びっくりしたのは金額の多さ。

 

選手全員盗まれたのではなく、一部の選手たちのみ被害にあいました。

 

平均月給10万円程度のクロアチアでけっこうな現金を持ってきていたことになります。

 

僕がクロアチアに住んでいた時は、現金はいつも1000円程度しか持ち合わせていなかったですが笑

 

 

僕が思うに、ウチのチームの選手のほとんどの人がクロアチアの平均よりも稼いでる人が多かったです。

 

野球はお金がかかるスポーツだからというのも関係しているのかもしれません。

 

 

まだ犯人は捕まっていないので、早く捕まってほしいものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です