クロアチアカップ優勝。そして、2019年クロアチア野球の全日程が終了しました。

どうも大谷です。

週末にあったクロアチアカップが終了しました。

クロアチアカップとは、クロアチアの全チームが参加するトーナメント戦です。

と言っても、今年は全部で5チームしかなかったので、僕たちは2連勝すれば優勝でした。

僕にとっては1か月ぶりの試合。

初戦はクロアチア代表のエース格ホゼが所属するヴィンディア。

この日も90マイルのストレートとチェンジアップの組み合わせで三振の山をきずかれ、

先制点も向こうに奪われます。

ただ、野球はチームスポーツ。

ピッチャーは向こうが上でも、総合力はこっちの方が断然上。

結果、下位打線ががんばりコールド勝ちでした。

僕は今年、対ホゼは5の0と全く打てず、悔しい思いをしました。

まだまだ練習が必要です。

決勝の相手はプレーオフで死闘を繰り広げたスプリットだと誰もが思っていましたが、野球は何が起こるかわからない。

まさかのザグレブが16対10で勝ちました。

ザグレブは2019年度インターリーグ最下位で、スプリットには1勝もできなかったんですけどね。

スプリットの先発は4番手投手が先発したらザグレブ打線が爆発。

エースは決勝に備えてこの日はファースト。

二番手ピッチャーはルール違反で出場できず。ちなみに彼はクリーンアップを打つ捕手でもあります。

ちなみに彼は去年ザグレブでプレーしていました。

守備は日本の高校野球の1,2回戦レベルですけど、打線は違ったみたいです。すみませんザグレブ。

スプリットもエースが出てきた時は時すでに遅し。

決勝はまさかのザグレブが相手となりました。

先制はまさかのザグレブ。

相手の4番バッターに豪快にホームランを打たれます。

しかし、実力差はどう見てもあり、6回まで大量リードをとっていました。

7回から15歳のドゥエが登板してからエラーも絡み、8回裏が終了したとこで3点差まで詰め寄られました。

ここでうちの打線に火がつき、一挙10得点。

結局21対8で勝ちました。

今年ザグレブと9回まで試合をしたのは初めてでした。

いつもコールド勝ちだったので。。

2019年のザグレブはお金がなく、外国人を獲得できなかったのが問題でした。

ただ、多くの若いクロアチア人プレイヤーが経験を積めた年になったでしょう。

来年からはインターリーグのBプールになってしまったザグレブですが、若手の成長に期待ですね。

とりあえず、今シーズンのクロアチア野球の全日程が終了しました。

一応、毎年個人成績は載せているのでざっくりと。

2019年の個人成績

29試合(game) 92打数(ab)36安打(H) 2塁打(2b)10本 3塁打(3b)5本 17打点(rbi) 26盗塁(sb)

打率(avg).391 出塁率(obp).539

クロアチアリーグ、インターリーグ、クロアチアカップ、プレーオフ、国際大会すべてを合算した成績。

ホームランが1本も出なかったが心残りです。

それでも、ここまで多く長打を打てたことはなかったので、打撃に関してはレベルが上がってきたかなと思います。

まだまだ、未熟ですが。

チームからは今年よりもいい条件で、正式に来年のオファーをもらいましたが、まだ未定です。

もし、ここに帰ってくるようなら来年はホームラン打てる打者になって帰ってきたいと思います。

スウィングパートナー・バックスピン FBST-301 スペアティー付きセット 飛距離アップ ティーバッティング練習

新品価格
¥9,936から
(2019/9/24 20:39時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です