ヨーロッパの野球チームはどんな練習をしているのか?カルチャーショックを多々受けました。

こんにちは大谷です。

今日はヨーロッパの野球チームはどんな練習してるの?というのをご紹介していきます。

ただその国の中でも、もちろんチームごとに練習内容は変わってきますので、ご理解ください。

まずは、ドイツから行きましょう。

2018年ダルムシュタット・ウィペッツにて僕は選手兼コーチとして、ドイツ二部でプレーしていました。

彼らは週に2回の練習と、週末のどちらかが試合(ダブルヘッダー)という日程でした。

練習は夜7時から9時までの2時間。

最初の練習はとても新鮮でした。

まず、アップがものすごくサッカーっぽかったです笑

ラダーを使ったりして、まぁこれはこれでいいかもしれないと思いました。

そして、チームという結束力があり、日本よりもチームとして行動しているイメージを持ちました。

練習内容もちゃんと計画を立てて行動していたので、ある意味ヨーロッパらしくない、ドイツ人らしい練習でした。

そして、毎回終了時間まできっちりやり、練習後はみんなでビール。

これまたドイツらしいんですが、外で飲み食いしながら3時間ぐらいずっと話してる時もあります。

ドイツ人は本当に話すの好きです。

次はオーストリア。

オーストラリアではなく、ヨーロッパのオーストリアです。

僕はオーストリアのリーグでプレーしたことはありませんが、オーストリアのチームで1週間ほど一緒に練習させてもらったことがあります。

2013年のことなので、だいぶ昔ですね。

チームはオーストリアの首都、ウィーンにあるヴィエナ・ワンダラーズ。

オーストリアの強豪チームであり、日本人の坂梨選手兼監督がプレーしています。

ちなみに、坂梨さんはオーストリア代表監督も務めており、オーストリア野球界では誰もが知っている人物です。

そのワンダラーズの練習は、監督が日本人ということでしっかり内容のある練習でした。

実戦形式の練習などが組みこまれており、ヨーロッパの他のチームに不足しがちな、走塁や守備の連係なども取り入れていました。

ヨーロッパでは練習は基本半ズボンなので、練習でスライディングすることがあまりないんです。

なので、スライディングが下手な選手はけっこういます。

日本で半ズボンで練習来たら帰れって言われますよねたぶん笑

次はヨーロッパの強豪イタリア。

これまた2013年の話になります。

イタリアでも強豪のチーム、ネットゥーノ。

僕は試合に出ないでバット拾ってただけですが(笑)

当時は週に2か3回練習の、週末試合もしくは金曜も試合という流れでした。

練習は夕方5時から終了時間は決まってません。

当時、日本の野球しか知らなかった僕は衝撃を受けました。

短い時はBP(フリーバッティング)だけやっておしまい。

気づいたら勝手に帰ってるやつがいる。

道具もかたずけづに帰ってしまう。

ボールもその辺に落ちているのにみんな帰ってしまう。

練習前にサッカーに夢中になり、コーチが練習始めるぞというまで辞めない。

などなど、ぼくにとっては衝撃でした。

でも、レベルは高く、仲間意識はかなり高いです。

チーム=ファミリーなんです。

なので、うまい人は弟に教えるかのように積極的に野球の技術を教えます。

何より彼らはとても楽しそうに野球をやっていました。僕もこのときはとても楽しく野球していました。

でも、試合では感情を抑えられずに暴れる選手は多く、これまたびっくりでした。

審判への悪口も半端じゃないんです。マジで笑

日本ならおそらく全員退場レベルです笑

そして、最後はクロアチア

今までのヨーロッパのチーム、どこも国民性や練習の仕方、取り組み方違うんですが、クロアチアもやっぱり違います。

他のチームと比べてまず練習に人が来ない。

前にも紹介しましたが、クロアチアの大人の野球人口は100人程度。

うちのチームが特別多いなんてこともありません。

少ない時は3、4人しか来ない時もあります。

9人来たら、今日人たくさんいるなーと思ってしまいます。

練習は一応週に2回と土日1試合づつです。

練習は午前と午後の2回に分かれており、コーチフランツはほぼ毎日来ます。

ちなみに終了時間はイタリア同様、決まってません。

これは仕事している選手の配慮でもあるのかと思います。

もちろん、午前と午後両方くる選手もいます。

週2回の練習ですが、実は基本毎日です。

練習に来なくても何も言われませんが、僕はほぼ毎日行きますし、他の選手も毎日練習しに来る選手も多くいます。

うちのチームはスロベニアに住んでる選手が2人、セルビアに住んでる選手が2人いるので、彼らは自分たちで練習するしかありません。

試合の時だけ合流という形になります。

なので、普段満足なチーム練習はできません。

もう、個の力で野球やってる感じですね。個人の能力は確かに高いですが。。

クロアチア野球には野球人口の増加が必要不可欠なんです。

U23の試合に15歳や16歳がでないといけないぐらいですから。。。

まとめ

日本の野球とは全然違った様子をお届けできたかと思います。

全部のチームに共通するのが、コーチと選手の距離が近いこと。

みんなコーチにリスペクトしつつ、コーチとも友達のように仲良く話します。

もちろん殴ったりなんてことはありません。

ヨーロッパで野球をするのは楽しいですが、道具を大切に扱う日本の野球はすばらしいと、海外に出てから改めて思います。

日本人が一番道具を大切にする精神がある気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です