サラエボからクロアチア最大の観光地ドゥブロブニクへ。

 

 

クロアチアからトルコまで下道スーツケース旅。

 

前回はこちら。

ボスニアのモスタルから首都サラエボへ。

 

 

サラエボからモンテネグロのコトルまで行こうとしたのですが、バス代が異様に高くて断念。

しかも、あまり本数もなかったんでモスタルに1回帰って一泊し、クロアチアのドゥブロブニクへ。

ドゥブロブニクはクロアチア1の観光地でクロアチアで1番物価が高い場所でもあります。

物価が高いので行かない予定でしたが、いやー行って正解でしたね。

景色も良いし、海もキレイで最高でした。

それでは簡単にドゥブロブニクを紹介していきます。

入場料200クーナの城壁

200クーナはだいたい日本円で3300円。

観光地で入場料にこれだけかかるのは珍しく、クロアチアの物価を考えるとかなり高いです。

完全に観光地価格。

でも、これは払うだけの価値がある絶景を見れます。

ただ、観光シーズンである夏は避けた方がオススメ。

階段下りたり登ったりけっこう歩くので、夏の暑い中に多くの観光客までいたらなかなかの地獄です。

その人の列を見て、

一緒に行った中国人の子が万里の長城みたいだと言ってました。

 

200クーナのチケットを買うと、メインの場所以外にもすぐ近くにある展望台にも入場することができます。

こっちの方は観光客が少なめです。

 

僕は10月の後半に行きましたが、それでも暑かった。。

でも、観光客はそこまで多くなかったので、

ベストシーズンは10月11月と、3月などのシーズン前後。

僕の個人的見解ですが。

僕は1日半ドゥブロブニクに滞在しました。

ドゥブロブニクに必要な日数は丸2日ほどあれば十分じゃないかなと思いました。

インスタ映えしそうな路地裏の通りが多い。

けっこう狭い通路が多く、イタリアのヴェネツィアを思い出させてくれます。

夜行くともしかしたら迷子になるかもしれません。

まぁ、狭いので問題ないと思いますが。

どんどん路地裏を進んでいくと現地の人の住処についてしまうのでお気をつけて。

間違えて人の家に行ってしまったときは、とりあえずボックとクロアチア語であいさつしておきましょう。

僕はシカトされましたが笑

ドゥブロブニクはホテルもけっこう高く、観光料金、レストランなども高めです。

なのでそこそこお金が必要になりますね。。

食事を安く済ませたい人はスーパーマーケットを有効活用しましょう。

ドゥブロブニクの物価は高いですが、基本クロアチアのスーパーの価格は高くありません。

寝る場所を安く済ませたい、バス停近くの宿を探している人はここがオススメ。

http://www.booking.com/Share-csczyl

大きなバスステーションからすぐ近くです。

スタッフの人もフレンドリーで、僕がクロアチアのカルロバッツで野球をしていると言ったら写真撮ろうと言ってきてパシャリ。

僕は今回ロープウェイに乗らなかったので、次回は乗りたいなと思います。

ドゥブロブニクはまた来たいと思わせてくれる場所の一つです。

次は隠れたヨーロッパのベスト観光地モンテネグロのコトルへ。

ドゥブロブニクからモンテネグロの猫の町コトルへ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です