野球ユーロインターリーグ(Euro-interleague)のチャンピオンが決定!

こんにちわ大谷です。

先週末、ユーロインターリーグ(Euro-interleague)のプレーオフが終了いたしました。

インターリーグの詳細はこちら。

http://ootani.sakura.tv/2019/06/05/クロアチア野球リーグ・インターリーグ-inter-league-baseball/

Aプール(インターリーグ1部のようなもの)プレーオフには5チーム中、上位4チームがプレーオフに進むことができます。

僕の所属するオリンピア・カルロバッツは、レギュラーシーズンはチーム打率3割5分の協力打線を武器に1位で終えました。

しかし、今回のプレーオフは僕たちは参加せずに不戦勝となりました。

その理由は、金銭的問題と人数が9人揃わなかったということでした。

チームのトップの人は不参加の理由をそう言っていましたが、おそらく9人以上の人数はいたはず。

問題は主力の何人かが仕事でいけないということ。

先日のヨーロッパチャンピオンシップで、仕事を長期休んでしまったためです。

仕事をしながら代表で国際大会に出続けるのは、そう簡単なことではありません。

休暇を取るのに融通が利くクロアチアですら大変なのです。

そして、金銭面。

今回のプレーオフはスロバキアのブラスチラバで2日間行われたため、2泊分のホテル代と移動費がかかります。

去年、クロアチアリーグ、インターリーグ、クロアチアンカップを全て制覇したため、そこそこのお金はあるはず。。

スロバキアで2泊するぐらいの金銭はあったはずですが、何やらここでは言えないような闇問題があったようです。

そういうわけで、今回のプレーオフは3チームで行われました。

決勝は地元開催のスロバキアのアポロと、クロアチアのナダ・スプリット。

実力的にはスプリットの方が上だと思いますが、ホームで力を発揮したアポロが優勝しました。

アポロ優勝おめでとうございます。

そして、さりげなく入れ替え戦も行われてたようで、

Aプール最下位のクロアチアのザグレブと、ハンガリーのブダペストレッズが対戦し、

見事レッズがザグレブ相手に勝利し、来年2020年はAプール昇格となりました。

これで来年からはクロアチア、スロバキア、ハンガリーの3か国がインターリーグAプールに参加することになります。

2019年はクロアチアのチームばかりでつまらなかったので、来年はもっとおもしろくなりそうですね。

スウィングパートナー・バックスピン FBST-301 スペアティー付きセット 飛距離アップ ティーバッティング練習

新品価格
¥9,936から
(2019/9/24 20:39時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です