海外旅行、留学、出張、海外長期滞在に必要なものは何か?

どうも大谷です。

今日は海外に出張や留学で長期滞在する際に、是非とも持って行った方がいいものをご紹介します。

短期で海外旅行に行く方も是非みてくださいね。

僕はここ6年ほど、海外行って、日本帰ってきての繰り返しの生活をしています。

毎回、飛行機代はかかるし、けっこう経済的には大変です。

何年もこういう生活していると、いつも準備は出発の前日とかにします。

意外と持っていくものないんだよなーと思いながら、現地に行くとあれ持ってくれば良かったなと思うこともしばしば。

とりあえず、基本的なものから僕の体験談を基にバンバンあげていきます。

・パスポート、財布、携帯

基本の3点セット。

携帯持ってない人は購入することを強くオススメします。(スマートフォン)

現金のみだけでなく、クレジットカードも海外では必須です。

・つめ切り

短期の旅行や留学、出張でなく、長期滞在なら、これは絶対に持っていった方がいいです。

イタリアにも100円ショップならぬ、1ユーロショップがあったのですが、もうね、ダイソーとは天と地ほどの差があります。

何も知らないでそこでつめ切りを買った僕は一発目でボキっと、つめ切りの持つ場所が折れました。

しかも、ぼくのツメに切れ目が入った程度で折れてしまったのです。

まさかつめ切りがつめ1枚すら切れない破壊力とは…と愕然としました。

でも、made in Chinaだし、まぁ仕方ないと思い、次はスーパーで5ユーロのつめ切りを買いました。

日本円で600円相当です。

さすがにツメは切れました。

でも、なんか様子がおかしい。

まさかの足の親指の爪に負け、またも壊れました。

言っておきますが、僕のツメはたいしたクオリティではありません。

どちらかというと、柔らかい部類じゃないかと思うほどです。

次の日、イタリア人の友達に、イタリアのつめ切りはどうなってるんだと問い詰めました。まるでクレーマーのように。

そしたら、

そんな安いのじゃダメだよ。20ユーロぐらいするもの買わなきゃ。

いや、20ユーロってゆうに2000円を超えるじゃありませんか。

日本では108円で買えるのに。。当時は105円だったかもしれません。

結局ぼくはつめ切りにお金かけたくなかったので、友達に借りたり、シャワーのあとふやけた時を狙ってむしってました。

あの時以来、つめ切りだけは忘れずに日本から持ってっています。

つめ切り以外にも、日本の刃物系は良質なので、そのようなものは日本から持って行った方がいいと思います。

・スリッパ or サンダル

基本的に欧米は家の中でも、土足のことが多いです。

なので、ずっと靴でいるよりサンダルなどを持っていた方がオススメです。

履いたり脱いだりするのが楽ですからね。

僕の経験上、欧米でも家では靴を脱ぐ習慣のある人も意外といます。

しかし、多くの人は靴でも裸足でも気にしない人が多かったです。

いやー、そこ気にしろよって思うんですけどね笑

海外旅行や出張でホテル泊まりなら要らないかもしれません。

・日本の医薬品

だいたいの日本人の人が海外へ行く際は、長期滞在、短期滞在関係なく、日本の医薬品を持っていくことでしょう。

確かに日本の医薬品はクオリティー高いと思うので、最低限のものは持っていった方がいいでしょう。

しかし、シャンプーやボディーソープはどうでしょうか。

ドイツみたいにドラッグストアが安い国もあります。

シャンプーやボディーソープなどはドイツでは安く買えます。他の欧米諸国でもそこまで高くないです。

スイスなど極端に物価が高い国はどうかわかりませんが。

わざわざ荷物になるような物は持っていく必要はないでしょう。

個人的には胃薬と正露丸だけは必ず忘れないようにしています。

ドイツのサプリメント。日本の錠剤の何倍もある大きさです。

コンタクトの洗浄液はどうか。

これは先進国なら問題ないと思います。

現にドイツは安いし、オーストラリアやアメリカでも簡単に手にはいります。

でも、クロアチアでは高いみたいです。なので僕はドイツ行った時についでに買っておきました。

おそらく、日本みたいにコンタクト人口があまり多くなく、需要があまりないのでしょう。

・お茶漬けなどの軽い日本食

日本食はたくさん持っていきたいけど、スーツケースの重さやスペースは限られています。

米やソバなどは重いのであまりオススメできません。特に米は現地で買える可能性は高いです。

もちろん、日本産のコシヒカリなどではありませんが。

なので、お茶漬けの元などの軽くて場所を取らないものはどんどん詰め込みましょう。

もし、意外とスペースがあまってしまったら、その時はめんつゆでもぶちこみましょう。

実際、僕はスペース余ってたんで、めんつゆ1㍑つめこみました笑

クロアチアではしょうゆは売ってても、めんつゆは売ってないんです。

まぁ、長期滞在でない出張や、留学なら日本食もあまり持っていく必要はないかもしれませんね。

現地の料理をトライしましょう。食中毒に気を付けて。

・日本語が書かれたTシャツなど

多くの海外の人は漢字が好きです。

外国人が漢字のタトゥーを掘っているのをよく見かけますよね?

漢字がカッコイイと思っている人は多くいるんです。

なので、漢字の洋服を着ていて損はないでしょう。

ただ、アジア人がわんさかいるオーストラリアや、アジアでは効果がいまひとつのようだ。

しかし、アジア人が少ない地域で漢字や日本語の洋服を着ていれば、目立つこと間違いなし。

効果は抜群だ。

最後に

全部個人的な意見なので、参考程度に。

おそらく今は忘れているだけで、他にも必要なものあると思うので、そのうち続編書きます。

それではまた。

良い旅を。

JTB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です