ドイツ野球U15代表合宿に潜入。代表監督が語るドイツ野球の課題や問題とは?

こんにちは大谷です。

去年、2018年にドイツU15(アンダー15)代表チームの合宿が、マンハイムでありました。

ヨーロッパの野球チームの練習風景はこちらから。

.

ootani.sakura.tv/2019/08/16/europe-baseball-practice/

ぼくはその年、ドイツのダルムシュタット・ウィペッツで選手兼コーチとしてプレーしていました。

そこに、僕のチームメイトの選手兼コーチの2人もコーチとして、その合宿に参加していました。

ナオキも来いよというので、1日僕も朝早起きをしてマンハイムまで。

ドイツU15の代表監督にお会いし、ドイツ野球に関していろいろと話しました。

彼の名前はちょっと忘れてしまったんですが、日本の野球スタイルは好きなんだと語っていましたね。

台湾も日本に似たスタイルだけど、韓国はもっとアメリカンスタイルだよな?

という印象みたいです。まぁ、僕もそう思いますね。

意外にヨーロッパでも、日本の機動力や小技を使った野球が好きな人はいます。

そのドイツ代表監督は、日本のリトルリーグの強豪チーム、北砂リトルの練習法をマネたものを、練習に取り入れていました。

いわゆるペッパーなんですが、バットを振りきらずに止めて、ゴロでピッチャーに返すという練習法でした。

僕はその練習を初めてみました。

どうやら監督も、北砂がやっていたからマネしているだけといった感じでした。

彼らは10か所ぐらいに分かれて、二人一組で、確か5分交代づつでのサーキットトレーニングでした。

その内容は

・北砂風ペッパー

・ドミニカ風打撃練習

・ラダーなどの瞬発系トレーニング

・軽めのウエイトトレーニング

・自重トレーニング

・バント。主にセーフティー。

・置きティー

・フロントトス

など、あとまだ何かあったと思いますが、忘れました。すみません。

積極的にいろんな国の練習法を取り入れる姿勢はさすが、ドイツといった感じでした。

選手のレベルはと言うと、良い選手とそうでもない選手の差がありましたが、まぁヨーロッパなのでそれはしょうがないことです。

それでも、ドイツの野球のレベルは上がってきていると、ドイツ代表監督は言っていました。

現にドイツ育ちのメジャーリーガーだって出ています。

ただ、現状ドイツの野球の人気はあまり変わらないし、ドイツの野球人口だって増えないと嘆いていました。

日本はレベルが同じようなトップチームを何個も作れる選手層があるだろ?

でも、ウチはレギュラーと控えの差ですらでかい。

選手層を厚くするには子どもの野球人口を上げるしかないんだ。

それが課題だよ。

そして、今の才能ある子たちをいかにうまく育てられるかが、もっとも重要な仕事になるよ。

と語っていました。

日本でも近年は野球人口の低下が問題になっています。

ヨーロッパではもちろん常にその問題がつきまといます。

日本は選手層が厚いため、高校野球でも目先の勝利しか見ずに、選手を酷使するケースが目立ちます。

ドイツ、いや、ヨーロッパではまずそんなことはしません。

選手が18歳で壊れたら、その国の野球レベルが下がってしまうほどのダメージを受けるからです。

野球先進国も発展途上国も、お互い違った課題を抱えています。

サッカー大国のドイツが野球の人口を増やすのは、かなりハードルが高いですが

日本の野球の課題はドイツと比較すると、ルールや日程変更だけでずいぶん選手の負担が減ります。

日本の方が課題を簡単に解決できそうなんですけどね。

we will see. 様子をみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です