クロアチアの野球リーグのレベルはどのくらい?実際にプレーしている僕が答えます。

こんにちは、クロアチアのオリンピア・カルロバッツでプレーしている大谷尚輝です。

最初にお伝えしておきますが、これは2019年シーズンのことを書いているのでご理解ください。

クロアチアのすべてのチームと対戦したので、クロアチアの野球のレベルはある程度わかりました。

正直このリーグはチームによってかなりレベルの差があります。そして、チーム内でも選手のレベルの差は大きいです。

それはそうでしょう、クロアチアの大人の野球人口は100人程度ですから。。

詳しくはこちらに。

極端に言えば150キロほどのストレートを投げる外国人投手もいれば、同じチームに草野球程度の選手もいるような感じです。

打撃のパワーに関してはそこはやはり外人。

カルロバッツのクリーンアップのパワーはみんな120m以上は飛ばせます。全員がクロアチア人ではありませんが。

ちなみにクロアチアで使用しているボールはアメリカのボールと同じような大きさであり、日本の球よりは飛ばないと思います。

打撃は基本いいんですが、守備に関しては個人のレベルの差が大きく開いてしまっている気がします。

特にあまりいいキャッチャーはこのリーグで見ないですね。みんなバッティング練習ばかりしてるんじゃないかな?

キャッチャーではうちのチームのアメリカ人が一番良いと思います。

内野の守備に関してはうちのクルーズがぶっちぎりです。アジア台湾ウインターリーグにヨーロッパ代表で出場した経歴もあり、投げては最速140キロの強肩に190センチの大型スイッチヒッター。

まだ20代前半ですが、なんか伸び悩んでる感じがします。なんかもったいない。

今年のフェデレーションカップでは打率7割で首位打者でしたからね。

フェデレーションカップについてはこちらを参考にしてください。

話を戻すと、

走塁に関しては、どこのチームもそうですが、もっと走塁練習しないといけないレベルですね。

日本の高校野球の監督が見たらブチ切れそうな場面を何回も見ました。うちのチームも走塁練習なんてやりませんからね。

クロアチアに来ている外国人に関しては、元MLB傘下でプレーしていた選手が何人かいたり、他のヨーロッパの国から来ている選手などもいます。

ちなみにヨーロッパのパスポートを持っている選手は外国人枠には入りません。

クロアチアリーグで一番良い投手は間違いなく、元マイナーリーガーのベネズエラ右腕のホゼでしょう。

彼は2018年はカルロバッツでプレーしていましたが、今年はその実力を買われ、金持ち球団に引き抜きされました。

Max150キロほどのストレートとスライダー、チェンジアップで三振を山のように奪っています。

なんでクロアチアなんかでプレーしているのか謎な選手の一人です。

ちなみにそこのチームとの試合後、そこのオーナーみたいな人に話しかけられ、来年うちに来ないか?と言われました。

その日全然打てなかった僕にそんなこと言ってくるとはびっくりしました。。まぁ、まず行くことはないでしょう。

バッターに関しては一番をだれと決めるのは難しいですが、クロアチアンゴリラの異名を持つボボでしょうかね。

ちなみにボボはあだ名で、本名は何て読むのかわかりません笑

彼は今年のインターリーグで打率5割越え、去年の国際大会でも打率4割以上打っていた打者です。

決してすごい俊足ではありませんが、走塁も非常にアグレッシブで盗塁もリーグ上位です。

今年のフェデレーションカップでは足首を捻挫しながら強行出場しましたが、本来の彼のバッティングはできていませんでした。

イタリアのチームから獲得オファーが何回かあったらしいですが、断ったみたいです。彼なら十分にイタリアのリーグでも活躍できると思いますが。もったいない。

話をチームのレベルに戻します。

クロアチアの一番レベルの低いチームだと総合的に見て、高校野球地区予選の1,2回戦負けのチームレベルです。

正直、バッティングに関しては金属と木の違いがあるので比較は難しいですが、基本的な守備力は日本の高校球児の方が圧倒的に上です。

クロアチアの強豪チームでも大学野球の中堅ぐらいでしょうか?これに関しては試合してみないとわからないです。

1回勝負ならいい試合かもしれませんが、連戦になるとクロアチアのチームは確実に負けますね。ピッチャーいないし、層が薄いんで。

一つ言えるのは、昔ぼくが在籍していたアメリカサマーリーグのチーム(大学生中心のチーム)より、今のクロアチアのチームの方がバッティングはいいです。

でも、ピッチャーに関してはアメリカのチームの方が良かったですね。

簡単にまとめますと、クロアチアのリーグでは元マイナーリーガーなどの元プロ選手から素人みたいな人まで一緒に野球をしているレベルです。

なので、クロアチアの野球リーグでは草野球レベルから元プロの選手までいるので、チーム内でレベルの差が激しいということを覚えてもらえばけっこうです。

世界にはいろんな野球チームがありますね。ははは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です