クロアチアリーグのプレーオフ決勝はオリンピアVSスプリット。

こんにちは大谷です。

昨日はプレーオフのセミファイナル、牛乳のスポンサーを持つビンデイア対元巨人の選手がいたナダ・スプリットの試合がありました。

お互い2勝2敗で迎えた第5戦でしたが、最後は12対2でNada,spulitがVindijeを下し、ファイナルにコマを進めました。

プレーオフ決勝は先に4勝した方が勝者となります。去年も決勝はオリンピア対スプリットだったらしいのですが、去年は第7戦までもつれ、オリンピアが優勝しています。

そして、去年はプレーオフ決勝は8月だったらしく、ドイツなど他の国でプレーしていた選手が向こうのシーズンを終えて帰国し、クロアチアリーグのプレーオフだけ参加するということもできたみたいです。

しかし、今年は8月にドイツで2020東京オリンピック出場をかけた大会があります。そのため今年は7月にプレーオフがあるみたいです。

でも、公式サイトで見ると9月って書いてあるんですよね。チームメイトはみんな8月って言ってたけど。。

確かヨーロッパとアフリカの中から1チームか2チームが東京への切符を取れるはずです。

クロアチアの実力からしておそらくギリギリその予選に出場できたのでしょう。

ドイツで行われる東京オリンピック予選はヨーロッパのなかでも上の方の国しか出場できないはず。

厳しい戦いになると思いますがクロアチア代表にはがんばってもらいたいです。

しかし、もう来月に代表の大事な試合があるのにメンバーがまだ決まっていないみたいです。

ちなみにうちのチームのクロアチア人はほとんどが代表経験があります。

代表選考はおそらくプレーオフ決勝が終わったら決めるんでしょうかね?

まぁ、代表のことはさておき、プレーオフの話に戻しましょう。

今年は第7戦まで持たせず決めてしまおうと思います!

日本のプロ野球みたいに長引けばその分グッズやチケットが売れたり、テレビの視聴率が取れるわけではありませんからね笑

僕的にはまたスプリットに行きたいと思っていたので、スプリットが勝ってくれて良かったです。スプリットが勝ってくれたおかげでスプリットにまた泊まれるんでね。

スプリットはグランドが観光地の中心にあるので、スプリットを観光できるし、キレイな海と、古代ローマの歴史も感じることができます。

え?遊んでばっかいるんじゃねぇ?

いやいや、そんな遊ぶ金はないです。残念ながら。

そして、クロアチアリーグはプロリーグではありません。クロアチア代表の選手も多くいますが、僕たちは所詮アマチュアチームです。

アマチュアチームが観光地行って楽しまないでどうするの?

まぁ、プロチームだとしても観光すると思いますけどね。

そんなわけで、これからも野球以外のことも多く書いていきます。

日本のみなさん、たまには息抜きも必要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です